romiikko’s blog

心地よいドイツ生活を手に入れるために

ドイツから伝えるコロナ事情

先ほど衝撃的なニュースがラジオから流れた。

私が住むここ南西ドイツから近いフランスの街、ストラスブールで、コロナ患者の80歳以上には、人工呼吸器を与えられない状況にあるという。

コロナウイルスに感染してる医者でさえ働き続けなければならず、ドイツに助けを求めたというもの。

ドイツとフランスは、日本と韓国のように仲が悪い。

東北の震災後、原子力発電を早々と止める方向に向かったドイツに対して、原子力発電大国のフランスは、ドイツとの国境沿いに新たに発電所を立て、そのエネルギーをドイツに売ってもいる。

そのフランスが、人工呼吸器を潤沢に持つドイツへ、患者をヘリで輸送することをお願いしたというから、これは本当に非常にまずい状況なのがわかる。

ドイツは休業のホテルや見本市会場のような施設を仮設病院にする準備もどんどん進めているから、軽症のコロナ患者も収容してもらえるキャパシティがあるだろう。

週に10万件とも16万件とも言われる検査数。

日本と比べたら。。。

一人でも多くの患者を助けようとする国の形が現れていると、私個人は思う。

経済的なダメージを少しでも減らすために、一刻も早い収束に何が必要なのか、ドイツ政府は真剣に考えているということが、一外国人でも肌身に感じる。

 

一昨日、久しぶりに職場へ顔を出す事になり、電車に乗ってみた。

シュトゥットガルト市はついこの間、市内を走る電車およびバスの本数を減らすことを決めた。

ほとんど自宅勤務だったりして通勤する人も少ないでしょ、って考えだったんだろうね。

しかし、電車通勤する人たちは相変わらず一定数いるし、本数を減らされちゃったら1.5メートルのソーシャルディスタンスなんて取れない!と苦情が出たため、すぐに対策案を出す!と市長が発表した。

昨日久しぶりに電車に乗ることになって、普段と違うなと感じたのは、2車両しかなかったところが3車両に変わっていた。

私が乗った時間帯は特に人が少ないお昼過ぎ。

いつもなら1車輌にされてもおかしくないくらいの時間帯なのに!

3両目、誰も乗ってないし!

これがこの間言っていた対策案なのだろうね。

f:id:romiing0706:20200327053255j:plain

リスク少なくて、安心!!



月曜に苦情が殺到して、水曜日には車両増設!

仕事早すぎ!!やるね、クーン市長!

 

駅で待っている人たちも1.5メートルの間隔をあけて立ち話をしている。

 

ドイツの電車は大抵、扉はセルフで開ける事になる、ボタンを押してね。

これも感染源の1つと言われているので、全ての扉が自動で開くようになった。

これも驚き。

いや、東京近郊に住んでたら、ふっつ〜な事なんだけどね、知ってるけどね!

 

ドイツ旅行アルアルで、エレベーターの閉めるボタンをみんな押さないってやつ。

日本人せっかちだから、必ず閉めるボタン押すでしょ!

最初から閉めるボタンないエレベーターもドイツじゃあザラよ。

たった1、 2秒待てば閉まるドアなんだから慌てて押す必要もないだろうという考えだと思う。

それとも無駄な電力使うな!って事?

うちの母親のようにせっかちで仕方ない人は、もどかしくって仕方ないみたいよ。

何度もドイツに来てるのに、初めて公共のエレベータに乗ると、

母は私にひじツンツンしてきて、

「ちょっと扉閉めないの〜?」って日本語で指摘し、

「閉めるボタンないの!」って答える私に、

「ドイツ人、呑気ね〜〜あははは」って言う母の呆れた笑いに

「日本人が異常にせっかちなんだよ!あはは」ってやり返したっけ。

 

そう言えば、街中を歩いていたら、みんな1人、もしくは2人で行動しているのに気づく。

3人以上で行動するな!と口すっぱく言われてるからさ、お上から!

3人の大人が歩いてると、家族なんだろうなとは思うけど、非常に目立つ。

大通りを歩いていたら、年老いた男性(多分ドイツ人)が3人組とすれ違うと、恐ろしい目つきで睨んでた。

通り過ぎてもしばらくその3人組を立ち止まってみていて、そしてそのおじさんを興味深げに遠くから眺める私。

警察とか来るのかな〜、なんてワクワクしたのも束の間、

「あ!身分証明書携帯してないや」って気づいて慌ててその場を去ったわ。

こういう相互監視の目も、嫌なもんだよね。。。

 

f:id:romiing0706:20200327054611j:plain

息子に撮らせると、これだから。。セルフィーだけかよ得意なのは!

 

ドイツからのぞく、東京の慌てっぷり

ほら〜。。。

オリンピック延期になった途端、これですわ。

すごいね、NIPPON、呆れてものが言えない。

もうちょっと早く妹に伝えておくんだった、って後悔してる。

f:id:romiing0706:20200326045619j:plain

シュトゥットガルトユニクロも一時閉鎖中です

備蓄、何揃えたら?って言うけど、

大きな冷凍庫がないなら、乾物が良いと思うよ、って妹に言い忘れた。

大豆や豆はいざという時のタンパク源になるから、キナコでもいい、お餅とかさ、ワカメとか、高野豆腐とか、日本だったらいくらでもあるじゃ〜ん!!って羨ましいよ。

うちは大きな冷凍庫があるので、肉/野菜/魚/納豆などをチョコチョコ備蓄してる。

もちろん一気に買うのではなくて、今日はひき肉1パック多めに、豚の塊肉2パックね、といった感じで夫にリクエスト。

年末年始に日本から持ってきた油揚げが、気持ち少なめで不安。。。いや、なくてもいいんだけどさ。

f:id:romiing0706:20200326045623j:plain

ZARAも開いてない

サツマイモも多めに買ってもらってる。

じゃがいもより鮮度が持つ気がするのは気のせい?

蒸したサツマイモの皮をとって、短冊に切って、オーブンで15分水気を飛ばし、ざるにおいて日干ししたら、干し芋の出来上がり。これをおやつがわりに食べてます。

 

プロテインプロテインバーも、いざという時の栄養源。

賞味期限もそんなに気にしなくていいし、水に溶かして飲むだけだから。

震災と違って、ライフラインはしっかりしてるだろうから、水やカセットコンロなんかはいらないよね。

f:id:romiing0706:20200326045631j:plain

メイン通りに人がいないよ!



今気づいたけど、手作りできる材料が必要なんだよね。

小麦粉にイースト菌、(ドイツはもうイースト菌は店頭から消えてる)餅米とか、納豆作るための大豆とか!

インスタントラーメン買ったって、そればっかり食べてるわけにもいかないし、飽きるし体に悪いし、家族4人分とかどんだけ用意するの?って事になる。

 

今日は、ネットのアジアショップで頼んだ餃子の皮が10パック、醤油やオイスターソース、保存できる豆腐にごま油、流通が問題ない今のうちに届いてほっとした。

ニラも手に入ったので明日は一日餃子を包んでいようと思う。

餃子備蓄。

f:id:romiing0706:20200326045641j:plain

平日午後は人でいっぱいになる通りなのに!

海外に住んでると、ここでは手に入らない日本のものが食べたくなって、なんとか自分で作ろうと努力する。

どんだけ日本人って食いしん坊なんだろうね、って一緒に作る日本人たちとよく笑ったっけ。

納豆も自分で作れるし、肉まんだって自分で作る。

もちろん肉まんも冷凍備蓄してるし

今ほどアジア食料品店がなかった時は、餃子だって皮から作るのが当たり前。

上級者は麹まで手作りよ!それからみりん作ってみたり、味噌作ったり。

日本酒作った人もいたっけな。すっごいまずくて吐き出したけど!

今覚えてる大失敗作は、白身の魚ではんぺん作ろうとした事。

無理でした〜。。

 

それ考えると、都市封鎖されても最強なのは、

海外に住む日本人かもしれないね。。。

 

ドイツの状況

感染者数 41255

死亡者数 224

回復者数  1508

Zeit onlineより

 

ドイツの飲食業界のコロナの影響

昨夜、日本にいる妹とラインチャットしてて気づいた。

日本はこの「見えない敵」に一度脅かされたことがある、放射能という敵ね。

それがなんとなくうやむやになって、被害があるのかないのかわからない状態が続いておまけにオリンピックまで開催できる国に復興したと。

今回もウイルスという見えない敵だけど、周りにかかってる人いないし、マスクとか手洗いとしてるから大丈夫っしょ、ってのが日本にいる人の本音ではない?

私もそう思ってたし、免疫力強いから!なんて言ってたわよ。

それが、あっという間なのよ、ドイツ国民総勢自宅隔離状態になったのも。

 

あれよあれよというまに勤め先のレストランが時間短縮になって、売り上げがガタッと減って、席の間隔を1.5m以上あけなさいというお達しが来て、そしてお持ち帰りのみに営業可能となって。。となるまで5日間もかかってない。

1日何度も州のホームページを開いては、レストラン業界の措置についての変更がないかチェックしていた。

ドイツは連邦制、州独自の法律を定めているが、どちらに従うの?と混乱状態。

ドイツの中でも感染者数の多いバーデンヴュルテンベルク州。国より厳しい措置が取られていた。

 

先週月曜夜、州知事の会見で、レストラン開店時間の短縮が指示された。

朝6時から18時まで、シフト変更!急いで!

火曜夜、テーブル間隔を広げよの指示、律儀に18時で閉店していたが、周りのレストラン開いてるし!なんで?ってなってオーナーが警察に確認の電話をしてみた。

「23時まで開けててオッケー、テーブル間隔あればね」ということで明日はまた通常通りやるからというオーナーの指示、マジか。。

またアルバイトの子たちにシフトの変更を伝えなきゃいけない!わたわた

しかし水曜の朝には、やっぱり18時までしか開けられないとなった

えええ、なんなのよ!この振り回されっぷり!

あ〜、また変更したシフト通りってみんなに連絡して、、わたわた

水曜日、来店客ほぼなし、お持ち帰りもたいして来ないしってことで、オーナーが「もう開けていてもいなくても、今のところ政府からの補助は約束されてないし、こんなに売り上げが減ったら閉めるしかない」と判断。

木曜日に閉店。

みんなごめんね、やっぱり閉店するわ、次に会える時まで元気でねとアルバイトの子たちにメール

金曜日に社員だけ(全員日本人8名ほど)で集まり、残った食材を分け、今後のお給料についての話し合いがあった。

オーナーが「早く帰れ」と言っても、なんとなくみんな不安な気持ちが抑えられなくて、だらだら話をしながら残ってた。

そりゃそうだ、海外で働いていて、独身だったら、この非常時に誰に頼ったら良いの?

今のように、できる限り他人と接触するなって状況で、今後ずっと一人で家で過ごしていなきゃなんないなんて。つまんないし、不安だよ。

 

レストランはまだ段階を踏んでくれてるからまだ良いが、ナイトクラブやバーは次の日の夜には閉めなさいとお達しがでた。

フランクフルトのあるヘッセン州では勝手に営業したバーには5000€の罰金だ。(60万円くらいか?)

 

ドイツは今のところ次々と、個人事業主に対する補償措置を発表している。

5人までの事業で9000ユーロ

10人までで15000ユーロ

すでにバイエルン州では申込可能!早い!助かる!さすが!

 

今日はこれから勤め先のレストランでオーナーとの話し合い。

一応仕事ってことで外出許されるよね?とかなりビクビク

街がどんなことになってるか、電車で行ってみようと思う。

 

今日発表のドイツコロナ事情

感染者数 33856

死者数 145

回復者数 1070

Zeit onlineより

f:id:romiing0706:20200325174347j:plain

毎日これだけが楽しみ。


 

ドイツとコロナウイルス

Facebookやインスタを覗くたび、日本とこちらはパラレルワールドなのか?と違和感を感じて仕方ない。

昨日3月22日の夕方、メルケル首相の会見があったが、彼女に予防接種を行った医師にコロナ陽性反応が出たため、彼女自身も会見後すぐに自宅隔離となってしまった。

個人的には「この時期に一体どんな予防接種受けたんだろ?」という興味もあるけどね。

フランスやイタリア、ベルギーのように厳しい外出禁止令が発令されるかと思いきや、すでに先週半ばからのガイドラインを強調しただけというものだった。

・公共の場(スーパーマーケットや公道など)では,他人と1.5メートルの距離をとること。
・外出の際は一人または二人まで。3人以上が許されるのは家族との外出のみ。

すでにレストランはお持ち帰りのみになってるし、職場への通勤、緊急時ケア、買い物、通院、個人によるスポーツは許されているし、誰かを助けるための外出なら問題ない。

でも、ドイツらしいな〜と思うのは、

屋外での新鮮な空気を吸うための運動やその他必要な活動のための外出は,引き続き認められる。

frische Luft (フレッシュエアー)はドイツ人にとってなくてはならないし、新鮮な空気を吸わないと健康に良くないという強迫観念に近いものがあるのだろう。

昔義両親宅に泊まった時も、冬の寒い時期にやたらと換気をしたり、寝るときは窓を少し開けていたり、建物の構造上、外気が入りづらいという面もあるんだろうけど、窓を開けられるたび凍える思いしてたのを思い出す。

 

 

とにかく、家族以外と顔を合わせるのが非常に難しい状態なのである。

こんなことを言ってられるのも、まだドイツがイタリアやイギリスなどと比べてこのウイルスによる死者数がありがたいことに非常に少ないおかげで、気持ちの余裕があるからだ。

3月22日の時点で

感染者数 28930 に対して死者数が 115

イタリアのように、年老いた患者の人工呼吸器が取り外されて、治る見込みのある若者に回されるといった、悲惨な現場はまだまだ対岸の火である。

私たちにできることは、

家で大人しくストレスなく過ごすこと。

早寝早起きを心がけ、病気にならないこと、これに尽きる。

 

うちに関していえば、夫がホームオフィス、息子はニート、私も仕事が休みになってしまい、寝る以外は誰かの生活音が必ずある。

朝食は各自だが、昼食、夕食は必ず一緒に取ることになるし、何かやるのも家族以外に誰もいない、よって、息子と一緒にほとんど毎日犬の散歩をしている。ネットフリックス でジブリ作品を見ることも多く、少しの時間でも一緒に笑って不安な将来を考えないようにしてる。

この先どうなるんだろう、という不安は必ず付き纏い、ツイッターやニュースサイトに時間を割くこともあるが、ある程度で区切りをつけなきゃ気持ちがやってらんない。

特にこの時期、日本では桜の開花の話題が多くて、「呑気だな〜」と羨ましさ半分、余計な心配半分といったところ。

まだ食料品も問題なく買えるが、いつロンドンのようなパニック状態に陥るかとビクビクしてる。。

 

f:id:romiing0706:20200324045209j:plain

天気は良いが非常に寒い日。新鮮な空気は良いもんだ

 

ドイツでもみんチャレにトライ

いや、まだ1週間だから胸張って言えることじゃないんだけど

続いてることがありまして…

1日1万歩歩く&ジムに行くもしくは宅トレ

年明けたからね、誰でもこの期間は張り切って続けられるってものですわね。

でも、勝間和代氏が勧める「みんチャレ」というアプリを使い出したら、なんとなく頑張っちゃおうって気になれる。

気張りすぎずに「クリアしとこか」くらいの気持ちだから、続けることに息切れしない。

オススメ

「みんチャレ」とは携帯にインストールできるアプリで、チャレンジしたいこと・続けたいことのテーマから5人で1グループになり、チャット形式で今日チャレンジしたことを各自が投稿して、励ましあったり労ったりすることができる。

5人全員がその日のうちにチャレンジ成功できれば嬉しいし、できなくてもまあ、匿名性が保たれてるので結構平気。罵られることもないしさ。

私の場合、時差があるので歩数を目指すグループでは日本の朝イチに投稿することになる。

こちらの23時頃だからね。

なんとなくそれが習慣化できて、ストレスも苦もなくできるようになった。

f:id:romiing0706:20200116013711j:image

こんな感じでロッコも登場させちゃって

 

今月は仕事が忙しく、散歩行くのやだなーなんて思う日が度々訪れる、が、「ワンチャンの写真楽しみにしてます」なんて書かれたりすると、「お!行っとこか」となるし。

多少天気が悪くても、気分が乗らなくても、1万歩稼ぐには犬の散歩が一番手っ取り早いから、ロッコも大喜びだし、自分の健康にもいいし。

 

続けるためには、環境を整えることが一番と、勝間氏いつも力説してます。

筋トレ続けたいならダンベルを目に見えるところに置く。

ストレッチならヨガマットをすぐ出せるようにしとく。

人間って怠惰な生き物だし、私自身それの代表だからなぁ。

冬なんて散歩行く準備にまず、スウェットはいて、モコモコの上着着て、手袋持って、帽子かぶって、襟巻きして、そしてうんち袋持ってテニスボール持っておやつ持って…。

ああめんどくさい。

このめんどくささを乗り越えるのに「みんチャレ」かなり役立ってくれてます。

今日も1万歩行くぞー!

ドイツのスチーム床拭きはすごい!

犬が来てからというもの、床拭きが欠かせない。

ドイツの秋冬はどんより暗くて、散歩道もジメジメ泥沼地帯が多い。

息子の3歳児の時と同じく、ロッコも水たまりを見ると大はしゃぎで突進してビシャビシャと跳ね回るし、いくら散歩後に外で足を洗っても、床には足跡がびっしりつく。

一度油断したらあまりにも強く引っ張られて、踏ん張りきれずにすってんころりん。

自分も泥だらけになるという、漫画のようなこともありましたね。

いや、犬がいない時もきちんと床拭きはしてたんですけどね。

汚れの具合が違いすぎる。

そして活躍してくれるのがこのスチーム床クリーナー

f:id:romiing0706:20191020073716j:plain

Viledaのスチームクリーナー、日本のアマゾンだと19800円なり

軽いのがいい!

スーッと撫でるだけで床はピカピカになる。

こういった床拭きのコツは、モップ部分を3枚ほど濡らしておき、汚れたらすぐに取り替えていちいちモップを洗わないこと。

モップ取り替えの床の位置を決めてそこに濡れたモップを置いておけば、交換も楽だし、洗うためにビニール手袋を付けたり外したりしなくていいし、汚れた3枚のモップは洗濯機で洗ってしまう。

ドイツの洗濯機はドラム式で90度まで設定できるから、不衛生な感じしないでしょ?え?ダメ?

f:id:romiing0706:20191020073708j:plain

こんなに汚れが取れる!気持ちええ〜〜

これを週1回やると、本当に気持ちがいい。

 

うちには7年前に買ったルンバが現役で活躍中。

ただ最近は犬の毛が落ちていても私以外誰も気にならないようなので、週1回くらいしか稼働していなかった。

しかし、週の終わりくらいになると、リビングの汚れが気になって仕方なくなり、とても不快になる、そう感じてるのは私だけなんだけど。

普段から床にものを置かないので、ルンバを稼働させる時は食事テーブルの椅子4個をテーブルの上に乗せてしまえばいつでもルンバにお任せできるのに、それをしないでイライラするのはなんともバカらしいと考えを改め、最近は週に3、4回は稼働させることにさせた。

するとやっぱり気持ちがいい。

夫も息子もあまり関心はないけど、自分が綺麗な空間にいることがとても快適で嬉しい。だから感謝してもらうとかはいらないんだな。

結局家事というのは、自分が住んでる環境を整えるということだから、自分のために綺麗にしようと思う。誰のためでもなく、自分のためにね。

使ったコップを片付けてくれなかったり、カバンが置きっぱなしだったりするとイラっとはするけど、その都度感情を入れずに「片付けてね」と声を掛ける。

もちろん心の中で「何度言わせるのよ、アホおおお」とは呟くが。

そうなの、 自分が使ったものはきちんと片付けてくださいよ。

それだけです、お願いしたいのは。

ドイツで2020年の抱負を語る

生物学者 福岡伸一氏の本で読んだこと。

「なぜ歳を取るにつれて時が経つのを早く感じるのか」

考えたら当たり前のことなんだけど、

10歳の時の1年と46歳の1年を比較したら、

10分の1と46分の1ですからね。そりゃ短いわ

小学生の頃は早く次の学年になるのが待ち遠しかったし、早くオトナになりたいと切に願っても時が経つのがゆっくりだったなぁ。

f:id:romiing0706:20200112210851j:image

毎年年末に、来年のやりたいことやなりたい自分の100のリストを書いてる。

もちろん時々眺めないと何書いたっけ?ってなるので手帳を開くたびに読まなきゃと、毎年思う。

f:id:romiing0706:20200112210923j:image

項目を10個に分かれば、それぞれ10のやりたいことを書けばあっという間に100コクリア、と思いきやなかなかリストアップするのが難しい。

とにかく「丁寧に字を書く」ことはこのリスト作りでこだわってみたし、このリストを開くたび「丁寧に字を書こう」と思えるんじゃないかしら。

相当頑張りましたから…疲れたし

 

今年は、無駄に疲れないような気持ちの持ち方、働き方、生活の仕方を心がけることが第一。

気を張らず、バタバタしないように時間の余裕を持ち、焦らす丁寧に過ごせて行けたらと思う。

日本への一時帰国から戻って、まだ多少時差ボケはあるけれど、そして連日仕事に行ってるけど、この目標のおかげで、気分がとてもラクになった気がする。

頑張らなきゃ!じゃなくて、もちろんサボってやろうじゃなくて、あれもこれも自分で背負わずに家族の協力や仕事仲間の協力を得ながら、余計な疲れをためないようにやっていこうという心構えかな。

なーんて言ってたら、息子任せにしてたゴミ出しが今朝やってなくて、紙ゴミの収集はツキイチなのにーー!とキレまくってしまったけどさっ。

今日はプレステ禁止にします。

f:id:romiing0706:20200109001825j:image